のっけから大変失礼ではございますが、一言ご挨拶を申し上げます。
私が、当ページのご案内をいたします宝亭鈍騎でございます。
私め、この夢人島の管理人をしておりまして、「限りなく本物に近い」などという噂もちらほら聞こえて参りますように、餓鬼の頃から家出をするなどアウトドア暮らしが身についております。
この「カヌーの活動」は、「陰になり・縁の下の力持ちになり」、生涯を通して長く続けて参りたいと思います。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
は じ め に
このページでは、手足を失った人がカヌーを中心としたアウトドア遊びをするための工夫とか、実際にそれを楽しんでいる人の情報を提供します。流行のアウトドア遊びはしてみたいが「義足では?」などと考えている人は是非読んでいただきたいと思います。あなたの参考になれば幸いです。

こうして、パソコンの前に座ってこれを書き始めてみると、1991年の夏、その当時目黒の坂の途中にあったMOC事務局東京を汗をかきかき訪れたたことが思い起こされます。それは、8月4日だったと記憶しています。この日、事務局に田口利幸氏がおられたことは、私にとって幸いであり、関東地方の障害者カヌーにとっても一つの転機でありました。

私たちは、「障害者が社会で普通に暮らせるのが理想なら、遊びだって同じにしたい」と、常にこの考えで活動をしてきました。ですから、このページ全体にわたって、私は一部を除いて、「障害者のための」という書き方はしません。読者各位におかれましては、「常にこの遊びには障害者が混じっているのだ」ということを念頭に置いてごらん下さい。

私たちは仕事だって、遊びだって普通にしたい。特別な「障害者のための」でなく、障害を持たない人と同じように遊びたい。遊んでもらいたい。そんな思いから、普通の教程通りカヌーを習い、普通の状態で自由に河原や海岸で遊んでいます。(補足説明参照)私たちにはボランティアという立場はありません。障害の有無などと言うものに関係なく、全員が仲間です。
とにかく、遊びに来てください。誰でも仲間として、いつでも思いついたときに自由に遊べる環境を作っています。

なお、初心者講習は、一流スクールと提携して通年開催しております。また、初心者講習を終えた方は、その人の技量に応じて、各地で開催されるレースやツアーに参加できます。