2010年ゆる山歩き隊的山開き

■お山データ
湘南平(標高181m)
浅間山(標高181.2m)
八俵山(標高146.5m)
高麗山(標高167.3m)
■コース
JR東海道線大磯駅〜湘南平〜浅間山〜八俵山〜高麗山〜高来神社〜大磯駅
■登った日
2010年5月中旬
■想定される全歩行時間
2時間5分(“日帰り山歩きベスト100”での設定)
■総歩行距離 約6km
■ワタシ的歩行時間
4時間 (途中1時間半のお昼休憩含む)
■山っていうか丘陵っていうか…
●今シーズン初登山です。
もっと早くに個人的山開きをするはずが体調不良や天候不良やらで5月にずれ込みました。
この日も本来は丹沢山地へ行く予定でしたが朝起きたら時刻はすでに8時過ぎっ。
丹沢に行くならこの時間には登山口に着いてないと(いや、8時でも遅い)!ってことで急遽高麗山ハイキングへと変更しました。
低山大好きなワタシとしては以前から行ってみたいと思っていたところ。
駅から登山口まで歩いていけるのもポイント高し。ネットで調べると「幼稚園児が遠足で行く」…という記述があったので、完全にハイキング気分で出かけました。

ハイキング気分っていうのはつまり山用の装備で行かないってこと。肝心要の靴は普通のウォーキング用、ストックもハイドレーションも無し。地図だって山岳地図じゃなくてガイドブックの略図のみ。あきらかに軽くみてます高麗山。「どんな低山も山は山」「いかなる場合もフル装備のフルスペックで!」と謙虚だったゆる山歩き隊のポリシーは何処へ?
そして当然ながらこの不遜な態度へのしっぺ返しを受けることになるのであります…標高200mにも満たない山から。
●JR大磯駅から登山口までは急坂の車道を九十九折に歩いていきます。
これがもうハンパない急坂。景色は確かに綺麗だけど、ここにお住まいの皆様は毎日この坂を上り下りするのですね…尊敬します。
急坂に早速心が折れるの図 眼下には海が広がり水面が輝いてキレイ…
でも坂は急
●高山公園を抜けるとやっと山道っぽくなります。
木漏れ日の尾根道、私の大好きなパターン!延々とこれが続くのね!と勝手に勘違いするもそれはすぐに間違いだったと気付く。フツーに急な下りがあったり、階段道があったりで登山道の様相を垣間見せる。約4ヶ月ぶりの山、しかも先月は全くトレーニングをしていないので体力も落ちている。コース取りもすごくヘタになっていて、どこに足場を置いていいのか分からない!
そしてなによりきついのがストック無しってこと!狭い階段も、岩がゴロゴロした下り坂もストックが無いと本当に怖い。甘くみた私がアホでした。

そしてやはり靴。登山靴ではないのでソールが柔らか過ぎ、足に衝撃がかかります。安定感もないので岩に足をかけたときなど心もとない。
●テンションの上がらないまま1時間ほど歩き、湘南平に到着しました。
広場は家族連れやカップルで大賑わい!そこに至るまでの山道では人と出会わなかったのになにこの賑わい?! ワカメに言ったら、「ここまでは車で来れるねん」とな=3 ああそうですか〜。
サンダルにTシャツという軽装の人が溢れる中にバリバリ山仕様のうちらは浮いてました。
でも良かったですよ、湘南平。地元の人に愛されてる場所って感じが。私のようなアウェイの人は知る由が無かったけど。そこで“暮らす”ことをしないと知りえない素敵スポットって他にも一杯あるんだろうなぁ。

そして今回の山ご飯。
おにぎりはかかせまへんがな
(お弁当屋さんで購入したものですが)
今回の山ラーは豚骨
湘南平には展望台があります。エレベーターで上り(←根性なし)、湘南の景色を一望!
すばらしい眺望
ゆっくりと休憩したあと、高麗山を目指します。
浅間山(せんげんやま)では一等三角点をパチリ
新田次郎さんの「劒岳 <点の記>」」を読了したばかりのワカメはこの三角点についてのウンチクを語るのであった…(右から左〜馬耳東風)

ちゃんとした地図を持たずのハイキングでしたが、ところどころに標識があるのでそんなに迷いません。しかし、八俵山に至るまでの道で誤って本来のコースからはずれ、かなり幅の狭い道を歩くことになりました。
健足が谷側になる斜面を歩くのは怖いです。
八俵山
八俵山から1kmほど歩いて高麗山に到着。
標高167.3mでーす
浅間山からここまで眺望は開けませんが、ところどころに眺望スポットがあります。
その後も慎重に足場を確認しつつ下山しました。
女坂と男坂、2つのルートがありますが躊躇無く女坂へ。
九十九折の階段を降りていきます。
写真では分かりませんが、斜度は結構あります。
湘南平から歩くこと1時間で高来神社に到着しました。
大磯駅までは徒歩30分。東海道の松並木やら名所やらがあったりでそれなりに飽きない道でした。
松並木が美しかった
■教訓
幼稚園児であっても彼らはナマ足の持ち主であって、片足キカイダーの私はたとえ標高200mに満たない山であっても常に完全フル装備で!! 特にストックは必須。忘れてはいけません!! 山をなめたらいかんぜよ…
2010/06/11


左フレームにMenuが表示されていないときはこのボタンをクリックしてください。