宝亭鈍騎撮歩紀行
このページでは、サイト管理人がご近所からちょっとした小さな旅をとおして、そこにあった物を手当たり次第、無分別、あるいは無節操に撮影したものの一部をご紹介します。

決して優れた作品ではありません。写ってはいるけども、何かが足りない。
ある高名な写真家の先生に次のような助言をいただいています。
『鈍さんの写真は上手い域に達しているが、それを超えた、たとえばそこからほとばしり出るようなものがない』と。

今現在、その「ほとばしり出るようなもの」「にじみ出るような情感」を模索している最中です。
そういうことで、稚拙な写真ではありますが、どうぞ笑覧ください。
2009年11月17日 宝亭鈍騎  

編集者の鈍への連絡はこのボタンをクリックしてください。
メール送信ページにジャンプします。

 
左フレームにMenu枠が見えない場合は、このボタンをクリックしてください