撮影ポイントガイド

過去における鈍の体験と盟友からの情報を公園等を主体に掲載します。

公園ではなく自然の、あるいは普通の何でもない河川敷や、農道の脇、人家周辺を公開すると、一部の心ない撮影者によって、人家や農地・そこに棲む生物などに被害を及ぼすおそれもありますので、公開は差し控えます。




埼 玉 県

■ 埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園
http://www.saitama-shizen.info/
ここには里山(平地林)、草原、湿原・池のエリアがあり、それらが昔のままに保全された、いわばビオトープとして様々な生き物が繁殖できる環境を保全しています。

サイト管理者の鈍は、この冬(2010年)から通い始めて、2010/03/18までそれほどの回数訪れてはいませんが、主立ったところを一回りすると、ほぼ2kmほどの小さな公園で、あぜ道あり木道ありと変化に富んだ素晴らしい撮影ポイントです。

駐車場は大きくありません。しかし、24時間開いているらしいです。
園内も通年自由に出入りできるそうです。
また、トイレは鈍が知る限り、駐車場に一ヶ所と学習センター内に一ヶ所のみです。
ルリビタキ 自然学習センター カシラダカ

■ 秋ヶ瀬公園(埼玉県の公式サイト)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A10/BD00/home/kouensyoukai/akiga.html
■ 秋ヶ瀬の鳥達(個人のサイト)
http://www.kudotit.com/
荒川の河川敷を利用した、長さ3kmにおよぶ広大な公園です。
鈍の経験によると、野鳥撮影ポイントは[ピクニックの森][野鳥の森]あたりです。

他に、運動施設やバーベキューエリアもあり、撮歩だけでなくピクニックの場所としてもよろしいかと思いますよ。

駐車場は広大です。また、トイレは事細かく配分されてメインの通り沿いには車いす対応トイレが数カ所あり充実しています。
自然観察のグループ シジュウカラ 車いす対応トイレ

■ さいたま緑の森博物館
http://www.saitama-midorinomori.jp/
博物館と冠していますが、ここは建物ではなく[フィールド]そのものを展示物として公開すると言うコンセプトに立ったものです。

場所は、映画の[となりのトトロ]の舞台となった狭山丘陵の一角にあり、里山から湿地、池と変化に富んだ自然がそのまま残されています。

鈍は、ここを訪れたのは一度っきり。ヒメザゼンソウを撮りに行っただけで、トイレ等の情報は不確かです。
駐車場はかなり狭いですが、レンジャーから聞いた話では蛍が出る夏場等には臨時駐車場を設けるとのことでした。
ヒメザゼンソウ ビジターセンター 園地内の池

左フレームにMenuが見えない場合は
このボタンをクリックしてください