下腿義足
下腿義足の形式は、ソケットの構造で呼ばれています。その代表的なものを下に示します。下腿義足には下に示したものの他に、差込み式、簡便式、などがありますが、現在あまり使われていません。
PTB式は、下腿義足の中で最も生体力学的にすぐれていると言われています。
断端に、ソフトインサートを付けて全面接触する事で体重支持の効率や、断端の運動を義足に伝える性能が優れています。
カフベルトというベルトで、義足を懸垂しています。
KBM式は、大腿骨顆の上方を両側からソケットで包み込むようにして義足を懸垂しています。
PTS式と違って、前方、膝蓋骨部がくりぬいてあるので、腰掛けたときに、ソケットの上端が飛び出さず、衣類の上から目立つことの少ない義足です。
PTS式は、体重支持の方法がPTB式と似ていますが、大腿骨顆部を完全に包み込み、自己懸垂性を持たせています。
外観がよいので、女性に向いた義足といえるでしょう。