It is desirable to see this page with " Internet Explorer ".

Question
宝亭鈍騎さんはじめ、夢人島の皆様にはいつもお世話になっています。ありがとうございます。
 さて、オットボック社の膝継手および足部についてお聞きしたいことがありまして、書込みします。たくさん質問があって厚かましいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

 オットボック社の膝継手で、3R80というのがありますね。宝亭鈍騎さんから概要は教えていただいたのですが、さらに以下の事項について教えてください。足部は1D25です。
 使うのは私じゃなくて、友人の「○○○○」という者です。彼は義足初挑戦です。左大腿切断(中断端)しています。

(1)3R80をはきこなすためのコツ、もしくは「こうすれば楽」といったようなこと
(2)取り扱い、普段のお手入れなどで気をつけたいこと
(3)3R80をはいて生活するにあたって、家族など周囲の人が気をつけたいこと、もしくは手伝えること
(4)万が一戸外で義足の調子が悪くなった時の応急処置など(もしあれば)
(5)上記以外で「これは知っておいたほうがいい」ということ(もしあれば)

出来れば、すでに3R80、1D25をお使いの方がいらっしゃいましたら、使用してみての感想なども教えてください。よろしくお願いいたします。
写真と記事は無関係です。
[1999年1月6日 13時0分7秒] 女性
Answer
 皆さん 本年も宜しくお願いいたします。

 さて、□□□□さんの質問に出来るだけお答えしたいと思います。私見も多々入っていますが、ご了承下さいませ。

 足部は1D25ダイナミックプラスフットをお使いのようですね。1D25はエネルギー蓄積放出型足部という分類に属していて、義足を前に振り出すのが楽な足部です。欠点は「慣れない方には踵が堅すぎる感じ」を受ける点です。但し、3R80には従来の膝継手に無い「ショック アブソーブ」効果が得られますので問題ありません。更にこの硬い踵は3R80特有の効果を生み出す手助けとなります。非常に良い選択です。優秀な義肢装具士の方に義足を組んでもらいましたね。

Q.(1)3R80をはきこなすためのコツ、もしくは「こうすれば楽」といったようなこと
A.もし歩行中の膝を曲げる際に「曲げにくさ」を感じるようでしたら、義肢装具士の方に伸展補助バネを取ってもらってみて下さい。必ず楽になります。振り出しに物足りなさを感じるようでしたら、元に戻した方がよいでしょう。
 自分で取ったらだめですよ。必ず義肢装具士に相談してからにして下さい。3R80は「慣れてきたら感じが大きく変わる」膝ですから、慣れるまでこまめに調整してもらう事をお勧めします。「もう来んな!」と言われても行きましょう。自分の足の事ですから。

Q.(2)取り扱い、普段のお手入れなどで気をつけたいこと
A.その@ 分解せんといてー
 興味をそそられるネジやネジ穴がありますが、じっと我慢して下さい。
 ゆっくり歩行から速めのジョギングぐらいでしたら油圧抵抗値を変える必要も ありません(優れた歩行速度追随性)。もし全力疾走する時は屈曲方向の 油圧抵抗を増やしてあげますが、この調整もネジを少し回しただけで変化があります。義肢装具士に任せた方がよいでしょう。

A.そのA 無茶せんといてー
 競技にも頻繁に使われている3R80です。但し、使用者の体重にもよりますが速めのジョギング程度までと思っていた方が良いと私は経験上感じています。
 あとは「叩く」「投げる」「煮る」「揚げる」「焼く」等、勿論やめて下さい。
 これは全ての膝継手にも言えるのですが、義足装着時に使用するパウダーも気を付けた方がよいです。幅跳びの一流選手は、砂が入り込まないように必ず継手をカバーしています。


Q.(3)3R80をはいて生活するにあたって、家族など周囲の人が気をつけたいこと、もしくは手伝えること
A.むっ難しい質問ですね。「かまい過ぎない」しかし「無理させない」と言ったところでしょうか。基本的にはマイペースでやっていただいた方がよいと思います。我々もそうですが、「いかに支えてあげるか」という事は難しいですよね。
 家の中では色々な問題があります。
 靴を脱いだ時に踵の分の高さが変わります。これに手助けをするのであれば「スリッパを改造する」等の方法もあります。床に座ってテレビを見ている時、つねきちさんが近くを通り過ぎると、いつもにない変な音(ガチャガチャ、ザーザー)がする、とか・・・
 しかし、3R80だから気を付けなきゃいけないということはないと思います。

Q.(4)万が一戸外で義足の調子が悪くなった時の応急処置など(もしあれば)
A.いつも行かれる義肢装具製作所にたどり着くまでは「気を付けて歩く」しかないです。
 調べましたが、幸い日本で発売されてから大きな故障は今までありません。
 日本において、当社の専門の技術者と私のみがオットボック義足パーツの分解修理組立できます。しかし3R80はドイツでのみ修理が出来ます。修理期間中、代替品を貸し出すことは可能ですので、もしもの時はご利用下さい。

Q.(5)上記以外で「これは知っておいたほうがいい」ということ(もしあれば)
A.3R80は義足に体重をかけてなんぼの膝継手です。イールディング効果(膝折れ防止に働く高い油圧抵抗)を感じて下さい。
 慣れれば「階段交互降り」を練習すればどうですか?
 質問(3)に戻りますが、誰かの手助けがあれば、習得は出来ますよ。その時、コツは私が教えます。

Q.出来れば、すでに3R80、1D25をお使いの方がいらっしゃいましたら、使用してみての感想なども教えてください。
A.また紹介します。
[1999年1月8日 21時37分37秒] けー(義肢装具士)