切断障害者スポーツクラブ・ヘルスエンジェルス
ただいま、コンテンツ制作に向けて作業中です。今しばらくお待ちいただけるよう、お願いします。(ただいま、すべてのコンテンツが停止しています)
 
「交互足で走ってみたい」という大腿切断者の言葉をきっかけに、トレーニングを始めたのが1991年。多くの大腿切断、下腿切断、股離断の方たちがが100mを完走可能になり、一部の人はパラリンピック出場を果たすまでに成長しています。

活動運営と義肢パーツセッティングサポーターとして、(財)鉄道弘済会 東京身体障害者福祉センターの臼井二美男さんを中心に、義肢装具士5名とスポーツ指導員1名がスタッフとして活動しています。メンバーは、走ることだけでなく、スキー、投てき、幅跳び、シッティングバレーボール(座位バレーボール)、アーチェリー、マラソン、トライアスロン、カヌー等幅広くチャレンジしています。

記録よりも、誰でも楽しく参加できることを心がけて、月に1〜2回の無理のないペースで練習会をしています。興味のある方は、メールで問い合わせて下さい。

クラブの紹介と活動内容 活動記録
 
競技大会レポート 頑張っている人達
 
ヴィーナスレポート 感動場面写真集

ヘルスエンジェルスに興味のある方は
ここからメールを下さい。