さあ、障害者スポーツの世界へ

障害者野外活動ハンドブック

パラリンピックで脚光を浴びた障害者スポーツ。しかし、ごく一部の者だけではなく、すべての障害をもつ人々が安全に参加し、しかも十分にエンジョイするためには、工夫と努力が必要である。そして、本書でも繰り返し強調されているように、活動は、障害をもつ人ともたない人が共に参加するという、インテグレーションの理念にもとづいていなければならない。米国では、すでにこの分野における経験が数多く積み重ねられてきており、本書ではそのエッセンスが紹介されている。単なるノウハウの解説にとどまらず、ノーマリゼーションの理念にいかに近づいていくかという観点から、多くの示唆が得られるに違いない。アウトドアスポーツに関心のある障害をもつ人、ボランティア必読。

スチュアート・J・シュライエン
レオ・H・マカボイ
ジョン・E・リンダース

芳賀健治/監訳

発行/学苑社
定価/本体2667円+税